ヘッドハンティングはこんな人におすすめ

自身の能力に自信を持っている人

ヘッドハンティングは、望んでいる人に必ずしも訪れるというわけではありません。また、ヘッドハンティングされたとしても、向いている人と向いていない人がいます。ヘッドハンティングに向いている人の特徴は、自分の能力に自信を持っている人です。ヘッドハンティングは、どこからか情報をつかみ、有力な人材を引き抜いていきますが、その情報が必ずしも正確というわけではありません。ヘッドハンターにおだてられて気分が良くなって転職してしまうと失敗してしまう可能性があります。転職先は、即戦力を望んでおり、実績をあげることができなければ、降格、減給、リストラといったことにもなりかねません。人に言われたからではなく、自身の能力に自信がなければ躓く可能性もあります。

周囲の環境つくりがうまい人

ヘッドハンティングは、様々な理由によって行われます。引き抜かれる人の能力が著しく高く、優れているからこそ行われることもありますが、そうではなく転職先が人員削減などを行い、不足した人員を補うためにヘッドハンティングを行うことも多いです。能力を買われてヘッドハンティングされた場合、周囲が能力に期待して円満な関係を築くこともありますが、上手くなじめないこともあります。早期に実績をあげなければならない状況なので、連携するために周囲との環境づくりがうまいということは必須条件になります。また、人員補填でヘッドハンティングされた場合、もともといる従業員に敵視される可能性もなくはありません。そのような考えを払しょくし円満な関係を気づける人が向いているでしょう。